バンクーバーマラソン完走記
平成11年 5月 2日 4時間06分02秒

 バンクーバーを走って来ました。2日は予報通りの最悪の天気で一日中雨でし
た。低気圧が来ていて雨が降ったり晴れたりで、毎日寒い日が続き、帰る日に天
気が回復するという、ついていなかった海外マラソンでした。

 同じ日に開催されたニュージランドのロトルアマラソンは大雨で道路冠水のた
め中止になったとかで、走れただけも良かった。

 会場へバスに15分ほど乗り、6時前に到着しました。ランナーはまだ少なく、
ここで国際大会が開かれるのかと思いました。雨は上がり7時スタートの20分
前に、こんな所に並んで良いだろうかと思うほど、スタートラインのすぐ後ろに
ツアー仲間と位置しました。

 ところが、スタート時間の7時なっても、スタートしません。スタートが遅れ
た理由も何時にスタートするのか、並んでいるランナーには全く知らされません。
雨が降ってきて寒く、だんだん走る意欲が失せて来ました。

 並んでいた近くにロサンゼルスで数年前に走った八王子市の女性がいて再会に
びっくり。そうこうしていると突然7時18分にスタートしました。全員が黄色
のチップを装着しているので、半端に時間にスタートしても、良いのだろうか。
日本では考えられない運営です。

 ハーフが15分遅れのスタートとなっていましたが、スタート遅れの混雑に乗
じてフルのスタートに紛れて走ってしまったランナーがいたようです。ハーフの
ゼッケンランナーを何人か追い抜きました。おかしい追い越されても追い抜くは
ずがない。

 フルとハーフのコースは一部同じとなっていて、コース誘導も不完全でフルの
ランナーがハーフのコースを、また逆の間違いもあっただろうと思います。

 コースは市内をぐるぐる回り、スタンレー公園を半分周り、また市内をぐるぐ
る回るという非常に複雑でした。

 給水所は5キロ毎でしたが、給食が全くなく、日本のように応援者の差し入れ
も全くなかった。何か給食があるだろうと思い、今回は何も持参せずに走りまし
た。このため、25キロ辺りから空腹状態になり、ゴール出来るかと不安になり
ました。

 幸いにも、30キロ地点に、ゼリー状のエネルギーを配布していた係員がいて、
3袋も受け取り助かりました。甘い飴状とチョコ状ゼリーだった。これでゴール
まで走りきることが出来ました。

 バンクーバーマラソン・ホームページのリザルトによると、
     完走者数  日本人完走者数 私のタイム   全体順位
フル   3511      346 4:06:02 1702/3511 163/346
ハーフ  3144        ?

 男子の優勝者は、河口湖で優勝し招待され、同じ三井ツアーだった、日清食品
の斉藤さんで2:21:33でした。中山選手は13位の2:41:09でした。

 日本人完走者はGWのため約1割の346人と多く、フル百回楽走会のメンバ
ー2名と、ゴールドコースト、パリで走った知り合いに会うことが出来ました。

 旅行中は1日にスタンレーパークの水族館、3日にウイスラースキー場とロー
ストレイクへのハイキングツアーに行きました。また、CNアイマックスシアタ
ーで巨大スクリーンの映画を見ましたがスリルがあり迫力満点でした。4日は、
帰りの便の出発が遅くホテルは11時にチェックアウトとなっていたので、スタ
ンレーパークを一周良い天気の中を走りました。

 5 26:10   26:10 133
10 27:02   53:13 138
15 27:30 1:20:43 138
20 29:26 1:50:10 140 トイレ休憩2分
25 29:11 2:19:21 138
30 30:59 2:50:20 136 空腹のためタイムが落ちる
35 30:19 3:20:40 141
40 32:17 3:52:58 144
 G 13:09 4:06:07 148 公式タイムは、4:06:02

inserted by FC2 system